ページタイトル臨床研究部

臨床研究部・臨床研究のご紹介

 私たち医療従事者は、患者さんを診ること(臨床)を一番大切にしています。それ以外にも、若い後進を育て(教育)、地域の医療について未来に向けて種をまく事も使命としています。さらに、医療従事者はこの地域だけでなく、世界のどこかで同じ病気と戦っている患者さん、医療従事者に情報を提供すること(研究)に何らかの形で携わっています。患者さんから得られた情報を元に行う研究(臨床研究)は、患者さんの個人情報を保護した上で、患者さんへの不利益がないように、研究の倫理指針や法律(臨床研究法)を遵守して行われています。
 当院では平成16年4月、国立病院機構の独立法人化に伴い、「臨床研究部」が設置され、これまで血液内科、整形外科、内科などを中心に研究成果を発信してきました。また、院内には倫理委員会や利益相反審査委員会があり、臨床・研究に関して、患者さんの個人情報の取り扱いや、患者さんの研究参加への説明、同意取得方法などを含めた研究計画全体について審査し、公表しています。
 臨床研究というのは、患者の皆さんにご協力いただいて、これから行う治療方法を比較したりする研究ばかりではなく、手術で切り取ったがん組織を用いた研究や、診療録(カルテ)に記載された情報のみを用いた研究も倫理審査の対象となります。このように患者さんの積極的なご協力がなければ進まない研究のみならず、患者さんに指一本触れることのない研究まで、すべて厳格に審査を受けています。また、研究者が、関連するメーカーなどから、研究結果に影響を及ぼしかねない便宜や報酬などを受けていないかなど、利益相反状態にないことなども審査され、公明正大で精度の高い研究となるよう配慮されています。

臨床研究部研究室

臨床研究部長 :各研究室の業務を掌握し、研究業績として整理する。

  1. がん化学療法研究室 :各種がんにおける化学療法、骨髄移植の有効性等について、臨床的研究を行う。
    室長:奈賀卓司(診療部長)
  2. 血液腫瘍研究室 :血液疾患に対する化学療法、骨髄移植の有効性について、臨床的研究を行う。
    室長:但馬史人(診療部長)
  3. 骨運動器研究室 :骨・軟部腫瘍に対する外科的治療、化学療法の有効性について、臨床的研究を行う。
    室長:南崎 剛(統括診療部長)
  4. 腎移植医療研究室 :移植医療の向上を目指した基礎的、臨床的研究を行う。
    室長:磯山忠広(診療部長)
  5. 治験管理室 :新薬等の開発を目指した治験の推進と精度管理を行う。
    室長:冨田桂公(臨床研究部長)

参加募集中の臨床研究

(2016年6月現在)

診療科 研究課題 募集対象
糖尿病・代謝内科 多面的管理達成者の糖尿病腎症予後改善効果を予測できる非侵襲的指標の確立(DNRem)
後ろ向きのみ観察のみの登録症例用情報開示(PDF)
当院において平成20年4月1日以降糖尿病腎症(第2期、3期、4期)で通院された方

当院で行っている臨床研究

診療科 研究課題 ご協力のお願い
血液腫瘍内科 造血器腫瘍における網羅的機能解析 PDF 倫3104-03
リンパ系腫瘍における網羅的遺伝子解析 PDF 倫0105-01
総合内科 血液由来黄色ブドウ球菌の病原性解析と臨床応用に関する研究 PDF 倫0109-01
呼吸器内科 アジア人の非小細胞肺癌における個別化医療の確立を目指した遺伝子スクリーニングとモニタリングのための多施設共同前向き観察研究 PDF 倫0209-02
非小細胞肺癌における薬物治療耐性後の個別化医療の確立を目指した、遺伝子スクリーニングとモニタリングのための多施設共同前向き観察研究 PDF 倫0209-03
循環器内科 循環器疾患診療実態調査 PDF 倫0110-01
整形外科 日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究について PDF 倫0111-02
消化器外科 残胃癌患者の予後予測に関する検討 PDF 倫0204-02
胃癌3次治療に関する検討 PDF 倫0204-03
手術による完全切除が困難な大腸癌患者の治療選択に影響する因子の探索 PDF 倫0204-10
ニボルマブ治療を行った切除不能進行再発胃癌症例の検討 PDF 倫0209-06
胸部・乳腺外科 肺高悪性度神経内分泌癌のPhenotype分類と新規分子標的治療開発に関する研究 PDF 倫0206-01
薬剤部 多施設共同によるパルボシクリブの治療期間延長に関する予測因子の後方視的検討 倫0204-01
※詳細については各診療科等へお問い合わせください。