ページタイトル胸部・乳腺外科

担当医師 万木 洋平 医長
鈴木 喜雅 医師(鳥取大学医師)
医師紹介

万木 洋平ゆるぎ ようへい

  • 万木 洋平
  • 卒業大学
  • 鳥取大学(鳥取大学大学院)
  • 卒業年次
  • H20.3(H29.3)
  • 学会活動・資格
  • 日本外科学会外科 専門医
    日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医
    日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
    日本乳癌学会 乳腺認定医
    日本乳がん検診精度管理中央機構 検診マンモグラフィ読影認定医
    日本医療リンパドレナージ協会 医師対象理論講習会修了
  • 略歴
  • H20.4 鳥取県立中央病院
    H22.4 鳥取大学医学部附属病院
    H23.4 米子医療センター
    H24.7 鳥取県立中央病院
    H27.4 鳥取大学医学部附属病院
    H30.4 当院〜
(1)主に扱っている病気
  • 胸部外科:原発性肺癌、転移性肺腫瘍、良性肺腫瘍、肺感染症、気胸、血胸、膿胸、縦隔腫瘍、胸壁腫瘍、胸部外傷など
  • 乳腺・内分泌外科:乳癌、良性乳腺腫瘍、乳腺炎、甲状腺癌、良性甲状腺腫瘍、橋本病、バセドウ病、副甲状腺疾患など
  • 血管外科:動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、急性動脈閉塞、バージャー病、レイノー病、静脈瘤、深部静脈血栓症、透析用シャントなど
  • その他:リンパ浮腫など
(2)診療方針
  • 最新の知見とともに、患者様のご希望を十分にふまえた診療を心がけています。
  • 鳥取大学医学部附属病院など近隣の病院と連携して最善の治療を選択します。
(3)診療内容
  • 胸部外科:
    胸部手術では内視鏡を用いた胸腔鏡下手術、胸腔鏡補助下手術を積極的に行っており、術後の疼痛の軽減や入院期間の短縮などに役立っています。手術は鳥取大学医学部附属病院胸部外科と連携して行っており、リスクの高い症例や、ロボット手術・完全胸腔鏡下手術を希望される場合には同科へ紹介させて頂いています。肺癌に対しては、手術だけでなく術後補助化学療法、再発時の治療から緩和ケアまで、切れ目のない診療を行っています。
  • 乳腺・内分泌外科:
    乳癌に対しては手術からホルモン療法、化学療法、緩和ケアまで一貫した診療を行っています。また2名の乳がん看護認定看護師を中心にチームで患者様に寄り添う医療を心がけています。手術は整容性を重視した乳房温存手術を行っているほか、乳房再建を希望される場合には、連携している鳥取大学医学部附属病院乳腺内分泌外科へ紹介させて頂きます。甲状腺・副甲状腺疾患は手術だけでなく、橋本病やバセドウ病に対する薬物療法も行っています。
  • 血管外科:
    おもに末梢血管疾患に対する診療を行っています。当院では腎医療に力を入れていることから、透析用内シャント造設や内シャントトラブルにも対応しています。大動脈疾患の治療や閉塞性動脈硬化症に対するバイパス手術、静脈瘤に対するレーザー治療などは近隣の病院へ紹介させて頂きます。
  • リンパ浮腫:
    当院はリンパ浮腫に対する本格的な複合的理学療法(スキンケア、用手的リンパドレナージ、圧迫療法、運動療法)が行える県内で数少ない施設です。資格を持った医師、看護師、リハビリスタッフが連携して、入院による集中治療からリンパ浮腫外来での通院治療まで、患者様の病状やご希望に応じて幅広く対応します。他院で乳がんや子宮がんなどの手術を受けられ、術後にリンパ浮腫を発症された患者様もお受けいたしますので、まずは主治医にご相談ください。
-->