ページタイトル緩和ケア

緩和ケアとは?

主な死因別死亡数の割合 がんは、日本人の死因で最も多い病気です。現在,2人に1人ががんに罹患し、3人に1人ががんで亡くなっています。

がん患者さんは、がん自体の症状のほかに、痛み,倦怠感などのさまざまな身体的な症状や、落ち込み、悲しみなどの精神的な苦痛を経験します。「緩和ケア」は、がんと診断されたときから行う、身体的・精神的な苦痛をやわらげるためのケアです。

緩和ケアとは...
重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア。【日本緩和医療学会 2014年5月30日】

緩和ケアは「がんの治療」と一緒に始めます

「ターミナルケア」とはがんの終末期に行われる、治癒や延命ではなく、主に痛みなどの身体的・精神的な苦痛の除去を目的としたケアをさしています。一方、「緩和ケア」はがんによる身体的問題や精神的問題を抱えている患者さんやその家族に、治療より早期の段階から考慮すべきものと考えられており、がんによる身体的・精神的な苦痛の除去をはじめ、患者さんとその家族にとってできうる限りの 最高のQOL(人生の質、生活の質)を実現するためのケアを意味します。

緩和ケアを受けられる場所

入院(緩和ケアチーム)

各がん診療科に入院された場合,積極的治療の有無に関わらず,必要時には緩和ケアチームが支援します。
緩和ケアチームとは、医師、薬剤師、看護師、理学療法士、医療福祉士など他職種がチームを組んでいます。それぞれが専門性を活かしながら、緩和ケアチームに依頼があった患者さん・ご家族の治療やケアをしていきます。チームの中心には,患者さん・ご家族がいて、要望や希望を聞きながらより良い治療・ケアとなることを目指していきます。

緩和ケアチームの主な構成

緩和ケア病棟

専門スタッフが、身体や心の様々なつらさをできるかぎりやわらげる治療やケアを専門的に提供する施設です。緩和ケア病棟で症状をやわらげてから、退院することも可能です。

緩和ケア外来

積極的治療は望まないが定期的に薬処方などが必要な方や、他施設に通院中だが疼痛などの症状コントロールを外来で専門的に受けたい方などを対象としています。放射線治療や抗癌剤治療中などの通院治療中に、外来で緩和ケアを受けることも可能です。

自宅

医師や看護師が訪問し、症状を緩和するための治療やケアを行います。住み慣れた家で、自分のペースで日常生活を送ることができ、一人暮らしでも利用できます。地域の在宅療養支援診療所や訪問看護ステーション、調剤薬局などが連携してあなたを支援します。通院治療中や治療と治療の間の療養期間中に、かかりつけ医から受けることも可能です。

(※現在、米子医療センターでは訪問看護は平日昼間のみ稼働しておりますが、訪問診察は利用できません。必要であれば往診のできる連携クリニックへ紹介させて頂きます。)

スタッフから一言

【緩和ケア専従医師】松波 馨士

がん治療中の方にはその状況とスピードに合わせて、がん治療をしていない方にもその状況とスピードに合わせて、患者さんを一人の人間として尊重し、歩調を共にして様々な苦痛と闘います。

松波馨二

【緩和ケア病棟看護師長】前田 尚美

患者さんとご家族の思いや生活を大切にし、自分らしく穏やかな日々が過ごせるように支援します。またご希望があれば、外出・外泊の支援や、地域の医療機関と連携を図り、ご自宅での療養の準備もお手伝いします。

前田尚美

【緩和ケア認定看護師】大林 香織

からだや心のつらさを我慢していませんか?緩和ケア病棟は、つらさをやわらげ、患者さんとご家族が大切な時間をできる限り穏やかに過ごすことができるようお手伝いさせていただく場所です。

大林香織

【心理療法士】池谷 千恵

心配や不安の種を心に抱えていると、だんだんと膨らんでしんどくなることがあります。患者さん、ご家族のお気持ちを聴かせていただき、心の痛みやつらさを和らげていただけるよう応援します。

池谷千恵

【緩和ケアチーム薬剤師】綾田 翔

患者さん一人一人を尊重し、またそのご家族さんにも寄り添えるよう、薬物治療を含めた様々な面でのサポートさせていただきます。

綾田 翔

【緩和ケア内科医師】八杉 晶子

緩和ケア病棟では患者さんやご家族が、身体や心の苦痛がなく穏やかに過ごしていただけるように、病状や状況に応じてチームでサポートしていきます。 緩和ケア病棟におられる日々が満足いくものであるよう努めていきます。

八杉晶子

アロマについて

植物の香りで気分がやすらいだ経験はありませんか?

アロマテラピーとは、植物の香りを使用して心や身体のトラブルを穏やかにする効果があると言われています。8階病棟(緩和ケア病棟)では倦怠感や食欲不振、不眠を訴える患者さんに対し、アロマを使用したケアを行っています。たとえば、アロマオイルを垂らしたお湯を使用し手浴や足浴を行ったり、アロマオイルを使ったマッサージを患者さんの希望に合わせて行っています。また、アロマをブレンドしたミストを散布することで病室の空気をリフレッシュさせることもあります。

ボランティアの方たちも2回/月来てくださり、手足のアロママッサージを専門的に行ってくれています。患者さんより「マッサージをしてもらって気持ちいい、嬉しい、またしてもらいたい」「楽になったようだ」「香りで気持ちが落ち着きます」などの嬉しい感想をいただいてます。アロママッサージについて

私たち自身も、1回/月アロマセラピストに来て頂いて、香の効能やアロマを使ったケアについて皆で学んでいるところです。このように、学びながら、実践しながら、日々アロマに触れることで、私たちも癒されています。

アロマの種類:ラベンダー、ローズマリー、ゼラニウム、ペパーミント、レモン、オレンジなどのアロマをブレンドします。香りの効能と、患者さんの状態や好みに合わせてアロマを選択します。

緩和ケア病棟だより

No.01
ミニコンサートを終えて
(2014年10月17日開催)
No.02
クリスマス会
(2014年12月24日開催)
No.03
節分の会
(2015年2月3日開催)
No.04
ひな祭り
(2015年3月3日開催)
No.05
春のイベント
(2015年5月開催日不明)
No.06
看護学生主催の七夕会
(2015年7月3日開催)
No.07
納涼祭
(2015年8月27日開催)
No.08
秋のコンサート
(2015年11月13日開催)
No.09
クリスマス会
(2015年12月22日開催)
No.10
ひな祭り
(2016年3月2日開催)
No.11
春のイベント
(2016年5月20日開催)
No.12
看護学生主催の七夕会
(2016年7月4日開催)
No.13
納涼祭
(2016年8月5日開催)
No.14
クリスマス会
(2016年12月21日開催)
No.15
ひな祭り
(2017年3月3日開催)
No.16
五月祭
(2017年5月12日開催)
No.17
納涼祭
(2017年8月18日開催)
No.18
ひな祭り
(2018年3月9日開催)
No.19
五月祭
(2018年5月25日開催)
No.20
納涼祭
(2018年8月3日開催)
No.21
ひな祭り
(2019年3月8日開催)
No.22
五月祭
(2019年5月17日開催)
No.23
納涼祭
(2019年8月2日開催)
No.24
秋のコンサート
(2019年10月25日開催)
No.25
クリスマス会
(2019年12月17日開催)

お問い合わせ先

(患者様または医療関係者)

地域医療連携室 電話:0859−37−3930(直通)

(研修・取材申し込み)

管理課 電話:0859−33−7111(代表)
または直接、各スタッフにご連絡下さい

(ボランティア申し込み)

管理課 電話:0859−33−7111(代表)
または直接、病棟スタッフにご連絡下さい