教育理念

T 教育理念及び教育目的・教育目標・教育方針

教育理念

人間性を養い、看護に必要な知識・技術を修得し、人間愛に根ざした看護が できる人材を育成する

教育目的

看護師として必要な知識・技術を教授し、将来、独立行政法人国立病院機構 および社会に貢献しうる有能な人材を育成する

教育目標

  1. 人の痛み、苦しみ、喜びをとおして、生命の尊厳を理解し、人がもつ倫理観や価値観を尊重して行動する
  2. 看護の対象である人間を統合的にとらえるとともに、生活者として理解できる能力を養う
  3. 人々の健康上の課題に対応するため、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養う
  4. 健康の保持・増進、疾病予防と治療、リハビリテーション、終末期など、健康や障害の状態に応じた看護を実践できる基礎的能力を養う
  5. 保健・医療・福祉における看護師の役割と他職種の役割を理解し、チームの一員と協働し調整する能力を養う
  6. 看護を探求する姿勢を持ち、専門職業人として学習し続ける能力を養う

教育方針

看護師としての必要な知識および技術を教授するとともに、日々自分自身を磨いていく有能な人材の育成を目指し、学生の自主性や創造性を尊重し、学生のもつ可能性を最大限に引き出し、自ら判断し行動できるよう支援する